全豪4日目

今日の最大のミッションは全豪の盛大なキッズ・ジュニアイベントの視察。
テニスの楽しさを感じる事。

CIMG70261

今までにない人の賑わいです。

CIMG70281

このイベントは有料のチケットが必要になります。
日に日に入り口での荷物検査や身体検査が厳しくなってきました。

IMG_18001

入るとリンゴのプレゼント。

CIMG70291

CIMG70301

常設されている子供用のコートではすでにプレーが始まっていました。

CIMG70321

CIMG70351

人混みの中、やっとコートにたどり着くと、雰囲気がめちゃくちゃ素晴らしい!!

HOT SHOTS(日本で言うPLAY+STAY)で小さい子どもからご両親、コーチ全ての人がテニスを楽しんでいます!

CIMG70381

CIMG70401

CIMG70431

全豪オープンの外コートの全てでイベントが行われています。
1面のコートも上手に効率良く使用しながら、子供達が遊びながら上達する工夫がびっしり。

CIMG70441

IMG_18071

CIMG70481

CIMG70501

CIMG70561

CIMG70571

子供たちの興味が湧くように、フリーマガジンも配られています。
もちろんこのイベント用にです。

CIMG70641

CIMG70361

見て歩いているうちに・・・、自分でも何だか分かりませんが涙が・・・。

「今まで自分は何をしていたんだろう?」
「何か・・・、違っていたよな」

・・・、本当のテニスに初めて触れた気がしました。
自分の中に立ち込めていた霧が、一気になくなり視界が開けた感じです。

また日本では認知がとても低いので、神谷コーチが教えてくれていたプログラムや練習方法が、まさにそこにあったことも感動したことの一つです。
日本でもPLAY+STAYは何年も前から導入されていますが、何かプログラム的な型や形だけが伝わってしまっているような気がします。

Enjoy、ハートの部分が全然違います。

日本では大きな国際大会時にこのキッズとジュニアのイベントがメインで作られているでしょうか?

コートに入っている指導者の方も元選手の方もいます。

テニスをやったことが無い子が多く見受けられるので、練習自体はできていないケースが多かったですが、そんな細かいことは全然問題なく、その場にいるだけで楽しい・・・!

逆に言うとテニス未経験の子がたくさん遊びに来ているです。
テニスと言うよりも、テーマパークに遊びに来ているイメージです。

CIMG70651

CIMG70681

イベントが終わると、予選3日目最終日のカードがスタートです。
ここから入場するとチケットは無料です。

こんなにも多くの人がいるんです。
イベントをやっていたから。

テニスの導入だけで終わらず、魅せ方が上手ですよね。

CIMG70731

練習前にトレーニングをする伊藤竜馬選手。

CIMG70751

試合前の最終チェック、伊藤選手と増田健太郎コーチ。

CIMG70761

予選を勝ち上がれば本戦。
勝つと負けるでは、天国と地獄の差があると健太郎さんが言ってました。

試合を観ると、それがガンガン伝わってきます。
応援もデビスカップの時のような、他国の応援が各コートで大声援で繰り広げられています。

CIMG70831

予選から勝ち上がり、見事に本戦へ!

CIMG70841

CIMG70871

本日も恵まれていて、みんなでテニス。
ある出来事があったのですが、このときの神谷コーチの行動がとても感動しました。
見習わなくては・・・!

CIMG70901

コートから町までの風景。

CIMG70981

CIMG71011

CIMG70991

CIMG71061

CIMG71001

CIMG71021

夜は海に野生のペンギンが戻ってくると話を聞いて、カンを頼りにトラムに乗ってみんなで旅へ。

めちゃくちゃ歩きました。

CIMG71171

上手く撮れませんでした。
野生のペンギン。

CIMG71101

夜の街はサタデーフィーバー!

CIMG71191

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です