オーストラリアに行って感じたこと 身長②

前回の記事の続きです。

背が高いということで感じたことが、オーストラリアの人たちとテニスで対戦したら、明らかに不利だなということです。

パワーで勝負したらトルクが違うので、負けてしまう。
パワーでない部分で勝つには・・・、対人の上手さ、配球、タイミング、効率・・・etc。

ちなみにATPのTOP10プレイヤーの身長は・・・
(2016.2.8付)

1.ジョコビッチ 188cm
2.マリー    191cm
3.フェデラー  185cm
4.ワウリンカ  183cm
5.ナダル    185cm
6.フェレール  175cm
7.錦織圭    178cm
8.ベルディヒ  196cm
9.ツォンガ   188cm
10.ガスケ   185cm

170cm台のフェレールと錦織圭、明らかにパワーのプレイヤーではないですよね。

CIMG69311

もしお子さんがテニスの競技を目指しているならば、ご両親の身長から子供の背がどれぐらいになるかを推測すると、ジュニア期に身に付けておきたいものが見えてくるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です