オーストラリアに行って感じたこと 身長③

僕のイメージの中で、背が高い=俊敏性が低いという感覚がありました。

IMG_17511

大会のボーラー。
背が高いのですが、ジュニアたちです。

試合での動き・・・、明らかに速いです。

走っている時の肩関節と上腕骨の角度、股関節と大腿骨の角度が広く大きく動く。

俊敏性・・・、コーディネーション能力の変換という部分(走っている方向を変えたりする)も素晴らしい。

この子たちと競い勝つには、並大抵のことではないと感じます。

 

少し話が逸れますが・・・、ゲーム中にボーラーのお仕事のミスをするときがあります。

日本だと「とんでもないことをしてしまった!!」と顔も強張るのですが、そのような雰囲気はなく、少し恥ずかしそうにはしますが「やっちゃったね、(^^)」という感じ。

ごめんなさい、自分の文章能力だと、あの雰囲気を的確に表現することができません・・・。

前向きで、楽しんでいる!
困難なことや嫌なことも楽しもうとしている!

こんな印象でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です