快適さと機能

暑くなってきたので、近所に出掛ける時はこれを履いています。

CIMG75191

そうです、下駄です。

何で履いているかと言うと・・・、トレーニングの為です。

まず履いてみるとわかりますが、悪い姿勢だと歩き難いので自然と良い姿勢になります。

また歩行時などの足首の動きや指の働きなどが、良くなると思われます。

明治維新以降、外国から靴が入ってきて、それは画期的なことで生活がとても楽に快適になりました。

現在ではメーカーさんの努力により、様々な機能が入ったシューズを誰でも履くことができます。

ただ面白いもので・・・、シューズの機能が上がった結果、下手すると人間の持っている機能は低下することも。

これは本来持っている機能を働かせて履いていれば良いのですが、どのような姿勢、歩き方でも平気な為、もしそれがあまり良くない場合だと、それが習慣となって身に付いてしまうからですね。

子供たちの浮き指が多くなっているのも、このようなことが無関係ではないでしょうね。

過去ブログの関連記事(浮き指)

少しでも改善できるよう、不便にならない程度に遊びながら履いています(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です